« 名古屋鉄道 1030系パノラマスーパー 1380系をUP | トップページ | 名古屋鉄道の電気機関車 その2 デキ300形 »

2013年5月 6日 (月)

JR北海道  789系0番台 「スーパー白鳥」 をUP

JR北海道789系0番台は、 2002年12月
東北新幹線が八戸まで延長されたのに伴い八戸~函館間の
特急「白鳥」「スーパー白鳥」用に新製投入されたものです。

Jrh_09_he105_01

車体はステンレスで、前頭部のみ普通鋼製です。
車体断面はキハ261系気動車と共通で、
前頭部の形状および塗色もJR北海道のコーポレートカラー
であるライトグリーンをあしらったデザインです。

2両または3両単位の編成を複数組成して使用するため、
中間車のうち編成の端になる車両には、
構内運転用の簡易運転台を設けています。

常時高湿かつ騒音の大きい青函トンネルを走行するため、
車体には防音防湿対策が講じられています。
また、トンネル内は12‰の勾配が続くことから、
編成中 の電動車の比率をUP。
上り勾配区間でも140km/h走行を可能としています。
加えて下り勾配走行に備え、回生ブレーキを装備します。

制御機器は731系同様、IGBT素子を用いたVVVFインバータで
N-MT731(230kW)モータ を制御します。

当初5連を基本としていましたが、2005年に中間車1両を増備し
現在は6連(3+3)。これに増結用の2連を連結して対応します。

なお2010年の東北 新幹線全線開業に際し、
「スーパー白鳥」は新青森~青森~函館間と
運転区間が縮小されましたが、HE106+206の6連と
785系である増結編成 NE303が追加されています。

鉄道車両写真集
JR北海道  789系0番台 スーパー白鳥 
のトップページへJUMP

|

« 名古屋鉄道 1030系パノラマスーパー 1380系をUP | トップページ | 名古屋鉄道の電気機関車 その2 デキ300形 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/51470678

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道  789系0番台 「スーパー白鳥」 をUP:

« 名古屋鉄道 1030系パノラマスーパー 1380系をUP | トップページ | 名古屋鉄道の電気機関車 その2 デキ300形 »