« 名古屋鉄道の電気機関車 その2 デキ300形 | トップページ | Dr'Kの 2013年5月の鉄旅 その1 偶然の出会いと乗車券の怪 »

2013年5月 8日 (水)

名古屋鉄道の電気機関車 その3 デキ370形

名鉄 デキ370形(370、371)は1925年製の輸入電機。
ボールドウィン社(車体・台車)と
ウェスティングハウス社(電装品)の合作です。

Mt_el_376_

1928~29年には372~374・376~379の7両が追加されます。
これらはウェスティングハウス社製の電装品に
日車製の車体と台車を組み合わせました。
(愛知電気鉄道が名古屋鉄道へ統合される際、
              371~379へ改番されています。)
1500V機ですが、370・371の2両については
600Vと1500Vの複電圧仕様となっています。

貨物廃止後、車庫の入換用として3両が残りまし た。
376は1978年に瀬戸線が直流1,500Vへ昇圧された際に転属し、
その後、379も1996年に瀬戸線へ転属しています。

これら2両は2007 年の喜多山車庫閉鎖とともに廃車。
378は、1997年に新川工場から
新しく開設された舞木検査場へと移動となりましたが
こちらも老朽化のため廃車となり ました。

ここでは、瀬戸線配属以前の376と
瀬戸線配属後、リニューアルした379をご覧いただきます。

鉄道車両写真集
名古屋鉄道 電気機関車のトップページへJUMP

|

« 名古屋鉄道の電気機関車 その2 デキ300形 | トップページ | Dr'Kの 2013年5月の鉄旅 その1 偶然の出会いと乗車券の怪 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/51426792

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋鉄道の電気機関車 その3 デキ370形:

« 名古屋鉄道の電気機関車 その2 デキ300形 | トップページ | Dr'Kの 2013年5月の鉄旅 その1 偶然の出会いと乗車券の怪 »