« JR東日本 253系 初代 成田エクスプレス(N’EX)をUP | トップページ | 珍車ギャラリー JR東日本 キハ40形1000番台 キハ40-1006 をUP »

2013年4月23日 (火)

JR西日本 281系 「はるか」をUP

JR西日本281系は1994年に開港した関西国際空港への
アクセス用特急「はるか」用車両としてデビューしました。

281_a631__07_tc280_1

VVVFインバータ制御(GTO)で 207系1000番台と同じWPC4を装備、
台車はDT55/TR239を履いています。
当初は5連でしたが輸送力を補うべく、
1995年4月からサハ 281 100番台を増結し6連に。
1995年7月には増結用の3連も登場しました。

かつては京都シティエアターミナル(K-CAT)で
搭乗手続を済ませた旅客手荷物を収容する荷物室を
クハ281に設置していましたが、
K-CAT廃止により現在は使用されていません。
(あわせて方向転換もなされました。)

現在、6連×9=54両と、3連×3=9両の計63両が
日根野電車区に在籍しています。

鉄道車両写真集
JR西日本 281系 「はるか」
のトップページへJUMP

珍車ギャラリーでも取り上げています。
281系 クハ281形

|

« JR東日本 253系 初代 成田エクスプレス(N’EX)をUP | トップページ | 珍車ギャラリー JR東日本 キハ40形1000番台 キハ40-1006 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

輸送力調整で日中は6連が1時間毎の運転になってしまったので、サハ281-100を挿入したときと同様、そろそろまた一部車両を改造、新製したうえで再編し、4連ぐらいにまとめたらいかがだろう。287系と併結できるようにしておけば、波動輸送にも対応できるし。
個人的には、クハ281は方転し、荷物室部分をグリーン席にして客室化する。クハ280は格上げし半室グリーン化する。さらにその便洗設備を身障者対応化しておけば、いちばん数の多いサハ281-100はそのまま使用できる。
不足するクモハ18両とモハ3両は新製で補えば、クロがそのままの4連9本と半室グリーンの編成が12本でき、後者で
381系を置換えることができるので、一行の余地ありではないか。


投稿: Dr.K. | 2013年4月25日 (木) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/51347918

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本 281系 「はるか」をUP:

« JR東日本 253系 初代 成田エクスプレス(N’EX)をUP | トップページ | 珍車ギャラリー JR東日本 キハ40形1000番台 キハ40-1006 をUP »