« JR東日本 107系をUP | トップページ | JR四国 121系(+01Fワンマンカー)をUP »

2013年3月18日 (月)

JR四国 6000系をUP

6000系は211系とよく似た車両ですが、
編成両端部のドアが片開きになっていること
が違いとしてがあげられます。

Jrs_6000_02f_04_6102

また運転室後部のスペースが広くとられているのは
車掌がホームに降りることを容易にするためです。
これらは、無人駅での運賃収受を考えた工夫です。

1M3Tを可能にしたということも、
できるだけ高価な電動車を増やさず、
ラッシュ時には付随車を増結することで乗り切ろう
という経済性を重視したものです。

もともとは瀬戸大橋線で使用することが前提の車両でしたが、
こうした点を活かすとなれば、
瀬戸大橋線よりも四国島内での利用に適していると申せましょう。

鉄道車両写真集
JR四国 6000系 のトップページへJUMP

|

« JR東日本 107系をUP | トップページ | JR四国 121系(+01Fワンマンカー)をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/50802882

この記事へのトラックバック一覧です: JR四国 6000系をUP:

« JR東日本 107系をUP | トップページ | JR四国 121系(+01Fワンマンカー)をUP »