« 京阪電気鉄道 1300系 をUP | トップページ | 京阪電気鉄道 2000系 をUP »

2013年2月 6日 (水)

京阪電気鉄道 1700系 1800系 をUP

京阪1700系は、戦後の京阪特急の基本となる車両です。
1951~53年にかけ18両製造されました。
マンダリンオレンジにカーマインレッドのツートンカ ラーとなる
京阪特急色は1700系が元祖となります。

Keihan_1759

1700系はスピードアップに加え、
転換式クロスシートを採用したことにより大好評を博しました。
しかし、ツリカケ駆動の半鋼製車体という
旧態然としたところもあり、
新技術を盛り込んだ新型特急車の登場が望まれていました。

Keihan_1807

そこで1953年にデビュー したのが1800系です。
12両製造されました。
1800系は試作車としての性格が色濃く、
駆動方式については、
中空軸平行カルダンとWNドライブの二通りを採用してい ます。
台車についても
汽車製造・住友金属工業の両社が開発していた
最先端の技術を盛り込んだ様々な台車が使用されました。

なお京阪特急の代名詞となったテレビ カーは1800系からです。

一方で1700系との共用、併結が前提であったため、
デザイン的にはキープコンセプトで、
ブレーキも自動ブレーキと古くささを残しているところも
おもしろいとこ ろです。

1700系は1956年の1810系登場にあわせ、
1800系は1963年の1900系の登場にあわせ、
一般車に格下げされました。

1965年からは3ドア化改造が始まり(1800系は66年~)、
全車が一般色となりました。
あわせて固定編成化が進められ、
運転台の撤去も行われています。
以後1800系は1700系と混結し、
区急や普通などに充当されていましたが、
1981年に600系更新車の車体流用車である
1800系(2代)に機器を 提供し廃車されました。

一方、1700系は1300系と共に
宇治・交野線を中心に運用され
1983年の1500V昇圧まで活躍しました。

鉄道車両写真集
京阪電気鉄道 1700系 1800系
のトップページへJUMP

|

« 京阪電気鉄道 1300系 をUP | トップページ | 京阪電気鉄道 2000系 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/49204636

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪電気鉄道 1700系 1800系 をUP:

« 京阪電気鉄道 1300系 をUP | トップページ | 京阪電気鉄道 2000系 をUP »