« 珍車ギャラリー 阪急電鉄 8300系 をUP | トップページ | 名古屋市営地下鉄(名古屋市交通局) 3050系 をUP »

2013年1月30日 (水)

名古屋市営地下鉄 鶴舞線用 3000系

名古屋市営地下鉄3000系は1977年。
鶴舞線(伏見~八事間)開業にあわせ
1次車(36両)が製造されました。

Nagoya_c_3000_11f_0_

以後1978年(八事~赤池間延伸)に16両,
1981年(浄心~伏見間延伸)に16両,
1984年(庄内緑地公園~浄心延伸)に24両が追加され,
計4連×23本=92両が製作されました。

制御装置はAVF電機子チョッパ方式で
初の冷房車となるセミステンレス車です。

当初から名鉄との相互直通運転を予定していたため,
車体は名鉄にあわせ20m4ドア車になっています。

名鉄犬山線との相互直通運転が始まったのは1993年です。
その際、先頭車16両が中間車改造され,
4連×23本から6連×15本へ編成が組み替えられています。
(なおその際、余剰となった2両は3050系に組み込まれました。)

2012年にはN3000形が導入され02Fが廃車となりました。
今後、徐々に置き換えられると思われます。
ここでは、07F(1次車:日立製)と
11F(2次車:日車製)23F(4次車:日立製)をUPしました。

鉄道車両写真集
名古屋市営地下鉄 鶴舞線用 3000系
のトップページへJUMP

|

« 珍車ギャラリー 阪急電鉄 8300系 をUP | トップページ | 名古屋市営地下鉄(名古屋市交通局) 3050系 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/49061081

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市営地下鉄 鶴舞線用 3000系:

« 珍車ギャラリー 阪急電鉄 8300系 をUP | トップページ | 名古屋市営地下鉄(名古屋市交通局) 3050系 をUP »