« 東急 世田谷線 80形 をUP | トップページ | 名古屋鉄道 2000系 μミュースカイ をUP »

2012年12月28日 (金)

東京急行電鉄 世田谷線 70形 をUP

東急電鉄70形は 戦中から戦後(1942~46年)にかけて
8両が川崎車輛で製造されました。

Setagaya83__73

当初、集電装置はポールで、また両運転台と
見るからに古風な路面電車の出で立ちでした。
しかし連結運転を念頭に設計されており、
間接非自動制御 (HL)となっています。

1949年に集電装置をビューゲルに変更、
1956年にはパンタグラフ化されました。
1967年に“連結2人乗り”改造を受け片運転台化されています。

80形と同じく1978年から車体更新が始まりました。
外板の全面張替えや電源装置のSIV化などが実施されています。
1990年~には前照灯を前面下部に移動して
シールドビーム2灯化がなされ イメージが大きく変わりました。

また1994年には駆動方式をカルダン駆動に変更し、
台車をTS332に交換しています。

なお1999年より順次廃車となった70形は
2000年には形式消滅しましたが、
足回りは300形に引き継がれています。

鉄道車両写真集
東京急行電鉄 世田谷線 70形
のトップページへJUMP

|

« 東急 世田谷線 80形 をUP | トップページ | 名古屋鉄道 2000系 μミュースカイ をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/48478991

この記事へのトラックバック一覧です: 東京急行電鉄 世田谷線 70形 をUP:

« 東急 世田谷線 80形 をUP | トップページ | 名古屋鉄道 2000系 μミュースカイ をUP »