« 京阪電気鉄道 京津線用 80形 をUP | トップページ | 京阪電気鉄道 京津線,石山坂本線用 300形350形500形をUP »

2012年12月 2日 (日)

京阪電気鉄道 京津線、石山坂本線用 260形 をUP

京阪 260形は1957~1968年に
100型・200型の機器を再利用して製造されました。

Keishin_sen_274

製造年次により、車体形状等、変化がみられます。
また製造後も数次にわたり改造工事をうけています。
集電装置は当初スライダー式ポールでしたが、
1970年にパンタグラフに変更しています。
また1971~1973年にかけて片運転台化され、
2両固定となりました。
同年、主制御器も新造のEC-260(電動カム軸式)に交換しています。

登場当時は、赤とオレンジの京阪線特急色でしたが、
1980年から一般色へ変更がすすめられました。
1979年より、4次車が500形に改造。
1986年からは3次車.2次車から廃車が始まり
その車体は600形に流用されています。

片開き扉車であった1次車は他形式への改造はなされず、
260形として天寿を全うし、
1997年の大津線昇圧時まで生き残りました。

鉄道車両写真集
京阪電気鉄道 京津線、石山坂本線用 260形
のトップページへJUMP

|

« 京阪電気鉄道 京津線用 80形 をUP | トップページ | 京阪電気鉄道 京津線,石山坂本線用 300形350形500形をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/48047297

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪電気鉄道 京津線、石山坂本線用 260形 をUP:

« 京阪電気鉄道 京津線用 80形 をUP | トップページ | 京阪電気鉄道 京津線,石山坂本線用 300形350形500形をUP »