« J鉄局の壁紙画像を更新しました。2012/11/17 | トップページ | 近畿日本鉄道 8800系 奈良線系用 界磁位相制御車をUP »

2012年11月19日 (月)

Dr’Kの特急ミシュラン File11 小田急60000系 MSE

特急ミシュラン - Michelin Express – 
File 11 Series 60000 “Multi Super Express”

Oer_60051_

小田急60000系 MSE 総合評価 ☆☆
2008年にデビュー。
地下鉄直通特急車のさきがけともいうべき車両。
多彩な運行が可能な特急列車ということで“
Malti Super Express”略してMSEという愛称がある。
2012年3月からは20000系にかわって「あさぎり」にも運用されている。
ベースとなったEXEと同じく、6両固定と4両固定の2種類の編成があり、
最長10両編成で運用される。
計画では120㎞/h運転が予定されているが、現行は110㎞/hどまり。

アメニティ:☆☆
すべて普通席で、シックな色の横4列のリクライニングシートが並ぶが、シートピッチは
983㎜しかないので、座席の厚さ自体が薄いもののかなり窮屈。
 床面にはカーペットが敷かれており、
間接照明も手伝って雰囲気自体は落ち着いている。

経済性:☆☆☆☆
 2011年度に6両編成はJR東海乗入対応工事が完了しており、
全編成がJR東海に乗り入れ可能で、
あさぎりの間合いで線内運用を効率よくこなしており、
すべての特急車の代走が可能なため、経済性はいいといえる。

利便性:☆☆☆☆
 新宿をターミナルに持つため、利便性はいい。
東京メトロ千代田線の停車駅も利便性を考慮されており、
ダイヤ設定はまずまずなのだが、
接続駅の代々木上原や下北沢に営業停車せず、
成城学園前に停車させたりと線内の停車駅が若干ちぐはぐ。

ときめき度:☆☆
 車両そのものはそう悪くないのだが、
小田急の運行密度ゆえ速度が低いので特急という感じがしない点でときめき度が低い。シートピッチが1000㎜あれば…。

今後の改善案:
せっかく東京メトロ千代田線・有楽町線との乗り入れを果たしたので、JR東海だけでなく、JR東日本や伊豆箱根鉄道にも乗入れられるようにして、常磐線沿線から箱根や、成田線
経由で成田空港まで小田急沿線から乗換なしで行けたり、など可能性を秘めている。
あさぎりが沼津までで線内利用が思わしくないなら、スイッチバックは2回必要になるが東海道線を三島まで戻って、伊豆箱根鉄道の修善寺まで乗り入れるのも面白い。
JR料金がまるまる入る分、踊り子よりはうまみがある。
潜在的なニーズを掘り起こす意味でも、やってみる価値はあるだろう。

鉄道車両写真集
7000系 LSE リニューアル車

            
30000系EXE  50000系 VSE  60000系MSE

3000系SSE  3100系NSE 7000系LSE    10000系HiSE  20000系RSE 

の各トップページへ

|

« J鉄局の壁紙画像を更新しました。2012/11/17 | トップページ | 近畿日本鉄道 8800系 奈良線系用 界磁位相制御車をUP »

Dr'Kの特急ミシュラン」カテゴリの記事

コメント

ときめき度は、地下鉄内を走ること自体をどう見るかで変わるでしょうね。通勤路線の千代田線をリクライニングシートでゆうゆう乗れる。これだけでも星4つくらい。地上専用車でこれなら星1コ程度。

投稿: ok | 2014年5月19日 (月) 10時04分

okさん〉
レスありがとうございます。
もちろん、私は地下鉄線内も、JR東海管内でも乗車しています。
地下鉄を走ることを考えると、確かに仰せのとおりいですね。
ただ、設備自体はEXEと大差ないので、私の表かはトータルで、☆の個数の小数点以下を四捨五入して☆2コです(小数点まで出すと1.5個です)。
正直なところを言うと、ロングシートでいつも混んでる急行に乗るなら席を確保するのにしゃーなしに金を払うか、というのが小田急を利用するときの感覚ですね。

投稿: Dr.K | 2014年5月24日 (土) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dr’Kの特急ミシュラン File11 小田急60000系 MSE:

« J鉄局の壁紙画像を更新しました。2012/11/17 | トップページ | 近畿日本鉄道 8800系 奈良線系用 界磁位相制御車をUP »