« 東京メトロ 有楽町線 7000系 AVFチョッパ車/VVVF車編成をUP | トップページ | 近畿日本鉄道 奈良線系統 820系 をUP »

2012年10月22日 (月)

近畿日本鉄道 奈良線系統 800系 をUP

近鉄800系は 1955年に登場した奈良線用の高性能車です。
24両(4連×6)が製造されました。

Knr_805

奈良線では初の18m級の準張殻構造軽量車体(普通鋼)です。
車体断面は、旧生駒トンネルにあわせたため、
当時の奈良線の車両限界内である
全長18,500mm、全幅2,450mmで製造されています。

おもしろいのは、4連化のために追加された711~716で
簡易運転台付きということでク710形
という形式をあてがわれています。
(1980年には簡易 運転台を撤去、サ710形に改称)

登場時から奈良線特急(料金不要) に使用されましたが、
ロングシートだったことが少し残念です。

新生駒トンネル開通後、
1964年から大型車の運行が可能になるのにあわせて、
主役の座を譲 り、
1969年の1500V昇圧後は、京都線、橿原線、天理線で
急行を中心に活躍することになります。
1975年以降は、生駒線をメインに
田原本線でも使 用されました。

同75年、事故により808.704が廃車されました。
その片割れである807.714および805.713は1986年から2連化、
改軌(880系)さ れ、伊賀線に転属しました。
ここで805Fの片割れであるサ703に運転台が取り付けられ、
ク700形が発生します。
800系にも唯一2連が存在したのです。

ただ、冷房化がなされなかったことが響いて
800系は1992年には系列消滅となってしまいました。

鉄道車両写真集
近畿日本鉄道 奈良線系統 800系 のトップページへJUMP

近畿日本鉄道 伊賀線 880系へJUMP

|

« 東京メトロ 有楽町線 7000系 AVFチョッパ車/VVVF車編成をUP | トップページ | 近畿日本鉄道 奈良線系統 820系 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/47551148

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿日本鉄道 奈良線系統 800系 をUP:

« 東京メトロ 有楽町線 7000系 AVFチョッパ車/VVVF車編成をUP | トップページ | 近畿日本鉄道 奈良線系統 820系 をUP »