« 京成電鉄 旧3000系 3100形 をUP | トップページ | 京成電鉄 旧3000系 3150形 をUP »

2012年10月15日 (月)

京成電鉄 旧3000系 3200形 をUP

京成3200形は1964年から1967年にかけて88両製造されました。
3150形と同様、4連固定編成で登場しました。

Keisei_3205_04_3208

初期車である01~20の20両は、
3000系の兄貴分と同様オールM車で
3201~3212は住金製FS-361台車
・WNカルダン・三菱電機製MS-3028-Eモーター
3213~3220は汽車製KS-121台車
・TDカルダン・東洋電機製造製TDK-810/4Fモーター
と2パターンあります。

なお従来型との外見上の大きな相違点は、
両開きドアを採用した点があげられるでしょう。

足回りについては、後期車に大きな変化が現れます。
先頭車の前寄りの台車をモーターのない付随台車としました。
(出力も75kWから100kWにUP)。
以後このタイプ「6M車」が3500形まで引き継がれてゆきます。
これらについても2パターンあり
3221~32・3253~64・3277~80・3291~98:汽車製KS-121A台車
・TDカルダン・東洋電機製TDK-816-Aモーター
3233~52・3265~76:住金製FS-361A台車
・WNカルダン・三菱電機製MS-3097-Cモーター となっています。

なお3291 - 3298の8両は
特急「開運」号用に製造されたセミクロスシート車で、
3292と3296にはトイレと車内販売準備室を設置、
別形式を与えても良いくらいです。
当J鉄局では別タイトルでご紹介しています。

更新が開始されたのは1985年から89年にかけてです。
同時に冷房化も実施されました。
後期車(90番台を除く)60両については
6連×10本と編成替えがなされています。

廃車は2003年から2007年にかけてすすめられました。

鉄道車両写真集
京成電鉄 旧3000系 3200形

|

« 京成電鉄 旧3000系 3100形 をUP | トップページ | 京成電鉄 旧3000系 3150形 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/47434242

この記事へのトラックバック一覧です: 京成電鉄 旧3000系 3200形 をUP:

« 京成電鉄 旧3000系 3100形 をUP | トップページ | 京成電鉄 旧3000系 3150形 をUP »