« 京成電鉄 旧3000系 3300形 をUP | トップページ | 京成電鉄 旧3000系 3050形 をUP »

2012年10月12日 (金)

京成電鉄 旧 3000系 3000形 をUP

今回ご紹介する京成3000形は、 1958年製の旧3000形です。
いわゆる「赤電」と呼ばれる電車で、3300形に至るまでの、
この系列を当局では旧3000系として扱います。

Keisei_3005_1_3005

さて、3000形(3001~14;2連×7本=14両)は、
都営地下鉄浅草線との相互直通運転を睨んで作られたもので、
地下鉄に乗り入れるため
A-A基準による車体不燃化対策が施されています。

オールMのカルダン駆動車ですが、
3001~3008は汽車製KS-114台車
・TDカルダン・東洋電機製TDK810/2Dモーター、
3009~3014は住金製FS-318台車・WNカルダン
・三菱電機製MB3028Dモーター
と2パターンがあるのがおもしろいところです。
(両者は混結可能)

登場当時、台車軌間は1,372mmでしたが、
1959年の改軌にあわせて、1,435mmに変更することになります。
台車は車軸を交換するだけで変更が可能となっていました。

青電塗装でデビューした3000形でしたが、
このときツートンカラーの赤電塗装に変更されています。

更新工事は1977年から78年にかけて施工されました。
初期車については4連に固定化。
(02・03・06・07の運転台を撤去し中間車化)、
後期車についても中間車化、
2両ユニットで3050形(3000形)の基本4連に挟みこみ、
6連を組成することになりました。

1980年より、ツートンカラーの赤電色から
ファイアーオレンジ1色の塗装(新赤電色)に変更されています。
しかし冷房化はなされませんでした。

そのためか、短命で
北総開発鉄道が開業した1991年に運用を離脱、
廃車解体されました。

鉄道車両写真集
京成電鉄 旧 3000系 3000形 のトップページへJUMP

|

« 京成電鉄 旧3000系 3300形 をUP | トップページ | 京成電鉄 旧3000系 3050形 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/47426992

この記事へのトラックバック一覧です: 京成電鉄 旧 3000系 3000形 をUP:

« 京成電鉄 旧3000系 3300形 をUP | トップページ | 京成電鉄 旧3000系 3050形 をUP »