« 名古屋市営地下鉄 東山線 300.800形 をUP | トップページ | 東京都営地下鉄 浅草線 5000形 をUP »

2012年6月14日 (木)

札幌市営地下鉄 南北線 5000形をUP

札幌市営地下鉄 5000形は 1995年に登場しました。

Spk5105_0007

当時、南北線の混雑はひどく、
ホームの延長がままならないためドアの数を増やす
という対策を講じたのが5000形です。

13.5m級2車体連接構造である旧型車(2000形)とは
乗車位置が違い混乱を招くといった意見もありましたが、
結果、18m級4ドアボギー車となり、
3M3Tの6連で旧型車の8連と同一の編成長となっています。

平行カルダン駆動にVVVFインバータ制御を採用しました。
連接車ではなく、普通のボギー車であり、
ゴムタイヤの直径も850mmと鉄車輪並みです。
見た目のにも普通の電車とそう違わなくなってしまい
少し残念な気 もします。

鉄道車両写真集
札幌市営地下鉄 南北線 5000形
のトップページへJUMP

なお個別画像において
5000形ではなく5000系と表記されるのは
参考文献である「私鉄車両編成表02年版」
に準拠したものです。
どちらからでも ヒットすることを意識して
あえてそのままにしています。

|

« 名古屋市営地下鉄 東山線 300.800形 をUP | トップページ | 東京都営地下鉄 浅草線 5000形 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/45629937

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市営地下鉄 南北線 5000形をUP:

« 名古屋市営地下鉄 東山線 300.800形 をUP | トップページ | 東京都営地下鉄 浅草線 5000形 をUP »