« Dr.Kの 2012年5月の旅 E657系に乗ってきました | トップページ | 局長、神戸へ鉄旅2 »

2012年5月17日 (木)

局長、神戸へ鉄旅1

休暇をいただいて、
神戸へ行くことにしました。
ターゲットは、まず、和田岬線の103系です。

特になんということもない103系ですが、
網干電車区にあっては貴重なオリジナルタイプです。
もはやいつ消えてもおかしくない103系ですし、
和田岬線自体、なくなってしまうというウワサもあります。
実状を探るべく、まずは、地下鉄海岸線で和田岬に向かいました。
始発駅の三宮花時計では、それほどではありませんでしたが、
和田岬では満員。
そしてその大半が、三菱重工の工場方面へ消えてゆきます。
和田岬線は、どうでしょう?

Dsc_8286

やはり、30年前とは、ケタ違いの印象です。

電化はされたものの、
昼間は見事に列車が来ない都会のローカル線。
阪神武庫川線のような、手を打たない限り,
未来は厳しいと思ったしだいです。

|

« Dr.Kの 2012年5月の旅 E657系に乗ってきました | トップページ | 局長、神戸へ鉄旅2 »

鉄道旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 局長、神戸へ鉄旅1:

« Dr.Kの 2012年5月の旅 E657系に乗ってきました | トップページ | 局長、神戸へ鉄旅2 »