« JR四国 8000系量産車(リニューアル以前)をUP  | トップページ | 小田急電鉄 7000系LSE 7000系リニューアル車 をUP »

2012年4月21日 (土)

西武鉄道 5000系 レッドアロー号をUP 

西武鉄道5000系は
1969年の西武秩父線の開業にあわせて登場した
西武初の有料特急用車両です。

Seibu_ra_chichibu

当初は4連で新製されました、後年6連化され、
1978年には6連×6本=36両が勢揃いしました。

なお、78年に登場した5000系は日立製です。
(以後の増備車は西武所沢工場製)
足回りについては、旧101系と同じく、
出力アップした150kwのモーターを搭載し、
(HS-836-Nrb・Prb/TDK-8010-A)
電気ブレーキ付きの電磁直通ブレーキを採用しました。
(HSC-Dブレーキ)

101系は「ASカー(All round Service Car)」とも呼ばれます。
これは急勾配が続く西武秩父線を走行する一方で、
通勤路線である池袋線でも十分通用する万能選手です。
それゆえ秩父線特急5000系レッドアローも
101系と同様の装備を有することとなりました。

1994年、10000系NRAが池袋線にも配属されました。
以後5000系は順次置き換えられ、
翌1995年には
西武鉄道から全編成がその姿を消しています。

鉄道車両写真集
西武鉄道 5000系 レッドアロー のトップページへJUMP

|

« JR四国 8000系量産車(リニューアル以前)をUP  | トップページ | 小田急電鉄 7000系LSE 7000系リニューアル車 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/44972896

この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道 5000系 レッドアロー号をUP :

« JR四国 8000系量産車(リニューアル以前)をUP  | トップページ | 小田急電鉄 7000系LSE 7000系リニューアル車 をUP »