« 小田急電鉄 20000系 RSE車をUP | トップページ | 小田急電鉄 3100系 NSE車 をUP »

2012年2月25日 (土)

小田急電鉄 10000系 HiSE車 をUP

小田急10000形「HiSE」は、1987年、
小田急の開業60周年にあわせ増備されたものです。
ロマンスカーであるNSE車・LSE車と同様、
前面展 望席や連接構造は引き継ぎながら、
展望席以外の乗客も車窓の眺望を楽しめるように
高床構造としたのが、大きな特色です。

Oer_hi_se_10051_

よって ""High decker""Super Express" と呼ばれるのですが、
必ずしもハイデッカーの意ではなく
Hi=上級の意も含まれているそうです。

制御装置は、オーソドックスな抵抗制御(1C4M)。
モータは、出力140kW。
駆動装置は平行カルダン駆動方式で歯数比は4.21。
ブレーキは、 MBS-D形と基本的に足回りはLSEと同じです。
なお冷房装置は、車体構造の高床化に伴い
床下に2台搭載しています。

2000年に交通バリアフリー法が制定され、
高床構造のHiSE車は、このことが問題となり
更新の対象から除外されました。
2005年に10021F・10061Fが廃車となり、
これらは、長野電鉄に譲渡されています。
2011年には、10041Fも運用を離脱し廃車。
残った 10001Fについても
2012年3月の改正をもって運用を終了する予定です。

鉄道車両写真集
小田急電鉄 10000系 HiSE車のトップページへJUMP

長野電鉄 1000系ゆけむり 2100系スノーモンキーへJUMP

|

« 小田急電鉄 20000系 RSE車をUP | トップページ | 小田急電鉄 3100系 NSE車 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/44257397

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急電鉄 10000系 HiSE車 をUP:

« 小田急電鉄 20000系 RSE車をUP | トップページ | 小田急電鉄 3100系 NSE車 をUP »