« 近畿日本鉄道 26000系 「さくらライナー」をUP | トップページ | 東京都営地下鉄 新宿線用 10-000形をUP »

2011年11月 6日 (日)

近畿日本鉄道 16000系 16010系南大阪線吉野線特急用をUP

16000系は、南大阪線・吉野線向けとなる最初の特急用車両で、
1965年3月デビューしました。

Knr_16008_00

11400系「新エースカー」の車体をベースに、
南大阪線用通勤車である6000系の足回りを
組み合わせた構成になっています。
制御器は抵抗制御で日立製MMC-HTB-10F
モーターは三菱電機製MB-3082-A(135kw)を搭載します。
台車はといいますと、製造年次が長期に及ぶため
01.02F(1965)03F(1966)はKD-52/KD-52A
04.~06F(1967~70))はKD-69/KD-69A
07~09F(1970~77))はKD-69B/KD-69Cとなります。

16010系は1981年に16000系の増備車として、
2両編成1本のみ(モ16011-ク16111)が製造されました。

Knr_16011_1

12410系の車体がベースになっているので
見た目は大きく異なり新系列車となっていますが、
主制御器は日立製MMC-HTB-10F、
モーターも三菱電機製MB-3082-Aで、
いずれも16000系と同じです。
マイナーチェンジといっていいでしょう。
なお台車はKD-89/Aで、
パンタグラフは下枠交差式のPT-48となっています。

鉄道車両写真集
近畿日本鉄道 16000系 16010系
南大阪線吉野線特急用
のトップページへJUMPをUP

|

« 近畿日本鉄道 26000系 「さくらライナー」をUP | トップページ | 東京都営地下鉄 新宿線用 10-000形をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/42866158

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿日本鉄道 16000系 16010系南大阪線吉野線特急用をUP:

« 近畿日本鉄道 26000系 「さくらライナー」をUP | トップページ | 東京都営地下鉄 新宿線用 10-000形をUP »