« 東京都交通局 都電荒川線 旧7000形 6152号をUP | トップページ | しなの鉄道 115系 をUP »

2011年10月 3日 (月)

筑豊電気鉄道 3000形をUP

筑豊電気鉄道3000形は車両冷房化推進の一環として、
1988.89年に3001~3005が、
1995.96年に3006~3009が導入されました。

車体は全車アルナ工機(現アルナ車両)で作られましたが、
台車や機器などは2100形の機器を流用しています。
ただ台車については、2006年頃から
川崎重工製KW-177/KW-178への交換が行われています。
なお、駆動方式はツリカケのままです。

ちなみに保有する全ての電車が吊り掛け駆動方式なのは、
現在、筑豊電気鉄道のみです。

鉄道車両写真集
筑豊電気鉄道 3000形のトップページへJUMP

こちらもぜひご覧ください↓珍車ギャラリー
西日本鉄道 1045 
3車体連接車

|

« 東京都交通局 都電荒川線 旧7000形 6152号をUP | トップページ | しなの鉄道 115系 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/42211464

この記事へのトラックバック一覧です: 筑豊電気鉄道 3000形をUP:

« 東京都交通局 都電荒川線 旧7000形 6152号をUP | トップページ | しなの鉄道 115系 をUP »