« 東京都交通局 都電荒川線 7000形をUP | トップページ | 東京都交通局(都電荒川線)9000形/8500形をUP »

2011年9月24日 (土)

都電荒川線(東京都交通局)7500形をUP

都電7500形は1962年の新造当初、
全車(7501~20)が青山車庫に配置され、
6・9・10系統で使用されました。
路線の廃止縮小に伴い 1972年には
18両が荒川車庫に集結しています。

荒川線の存続決定後、7500形の7509と7514を除く16両と、
7000形31両がワンマン運転対応に改造されることになりました。
この際、7000形は車体が新造されましたが、
7500形は既存車体の改造での対応となりました。
1984年から87年にかけて、7500形は13両に対して
都電初となる冷房装置の搭載を伴う車体更新がなされました。
(7502・7504・7508の3両を除く)
新車体の設計製作は7000形同様アルナ工機が担当しています。
なお更新された13両は、7000形と異なり、
車体更新時に車両番号の整理が行われることはなかったため、
欠番が生じています。
7500形は前述のように、
現在の車体に更新されたのが1984年ですから、
7000形よりは新しいのですが、
2011年3月そのすべてが引退することになりました。

7000形は数年前からリニューアル工事をしてきたので、
車両の状態としては、こちらが上なのでしょうか。
特に7500形に特別な思い入れがあるわけではないのですが、
私としては納得しかねるところです。

鉄道車両写真集
都電荒川線(東京都交通局)7500形
のトップページへJUMP

|

« 東京都交通局 都電荒川線 7000形をUP | トップページ | 東京都交通局(都電荒川線)9000形/8500形をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/41956317

この記事へのトラックバック一覧です: 都電荒川線(東京都交通局)7500形をUP:

« 東京都交通局 都電荒川線 7000形をUP | トップページ | 東京都交通局(都電荒川線)9000形/8500形をUP »