« 東京地下鉄(東京メトロ) 05N系をUP | トップページ | 局長の夏休み その2 松浦鉄道へ »

2011年8月22日 (月)

局長の夏休み その1 長崎本線は長与経由で

今回のターゲットは、松浦鉄道、九州新幹線800系、筑豊電鉄、
新日鐵くろがね線、それと宇部線小野田線と欲張って見ました。

しかし、お金とヒマがありませんので、今回も夜行バスです。
ネットで検索して大阪から長崎まで、5200円.。安い!
夏休み限定のツアーバスです。
最終日ということもあったのでしょうね。
大阪から出発したのは13人。
あと神戸と姫路でお客さんを拾って全部で17人。
楽に眠ってゆけました。

博多についたのは、5時17分、半分ほどが下車しました。
6時を過ぎても周りは明るくなりません。
時折稲光が光り、凄い雨が降りだしました。イヤな予感。
今まで雨などで列車が動けなくなり
缶詰め状態になった経験は何度もありますが
その大半が九州。
その時を思い出してしまうほどの大雨です。

長崎についたのは、7時50分くらい
バケツをひっくり返したような雨です。
長崎電軌の撮影は取りやめ、駅に駆け込みます。

乗車券を購入しました。
大村線、佐世保線、小野田線経由宇部新川ゆきです。
案の定、手間取って時間をとってしまいました。
そのくせ券面に
小野田線まわりであることが記入されていません。
こんなものでいいのか?
と思いながら、駅の中へ、

雨は、少し小降りになっていました。
それだけ時間がかかったということです。

Dsc_4965

787系の新バージョンが撮影できました。

さあ今回は、長与経由の普通列車で諫早に向かいます。

年配の方なら門司港から長崎行きの夜行普通列車があった
のをご存じでしょう。
「ながさき」と名付けられたこの列車は寝台車まで付いていました。
これが、確かこの旧線経由だったように思います。
何回か乗車したことのある「ながさき」でしたが、
大雨の時があり、長与駅で延々待たされた記憶があります。

Dsc_4977

今回はキハ66です。
非電化区間でもあるこの区間には、
大村線用の気動車が乗り入れます。
長崎本線は全部乗ったよ!という乗り鉄の人も、
実はこの区間を忘れていることが多いのです。
なお大草駅周辺は、抜群の眺めです。

穴場の絶景区間をお忘れなく!

|

« 東京地下鉄(東京メトロ) 05N系をUP | トップページ | 局長の夏休み その2 松浦鉄道へ »

鉄道旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/41312103

この記事へのトラックバック一覧です: 局長の夏休み その1 長崎本線は長与経由で:

« 東京地下鉄(東京メトロ) 05N系をUP | トップページ | 局長の夏休み その2 松浦鉄道へ »