« 阪急電鉄 京都線 2300系 をUP | トップページ | 帝都高速度交通営団(営団地下鉄) 5000系アルミ試作車をUP »

2011年6月 5日 (日)

帝都高速度交通営団(営団地下鉄) 東西線用 5000系をUP

帝都高速度交通営団(営団地下鉄)東西線用5000系は、
1964~81年にかけて428両も新製されました。
国鉄との相互直通運転に備えた4ドア20m車となっています。
日比谷線用の3000系に続いて
セミステンレス車体となっていますが、
経済性を重視して設計することとなり、
外観にはコストをかけず、制御器等も簡素化されています。

デビュー時は3連でしたが、
東西線での基本編成は7連(6M1T)で、1966年に統一されました。
その後1977年から 10連化、
1990年にはすべて10連化されます(8M2T)。

1989年から冷房改造工事が進められましたが、
1991年から非冷房車を中心に廃車が出始め、
一部は東葉高速鉄道に譲渡されます。

2004年4月、帝都高速度交通営団は民営化し、
東京地下鉄株式会社(東京メトロ)となりましたが、
ここでは営団地下鉄時代のステンレス車をUPしています。Eidan5028_01_5828
冷房改造される前の姿は、こちらでご覧ください。

なお、5000系までは、
クモハやクハなど車種をしめす符号が形式に付いていました。

ステンレス車は2007年3月にすべて東西線から撤退しています。

鉄道車両写真集
帝都高速度交通営団(営団地下鉄) 東西線用 5000系
のトップページへJUMP

|

« 阪急電鉄 京都線 2300系 をUP | トップページ | 帝都高速度交通営団(営団地下鉄) 5000系アルミ試作車をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/40277517

この記事へのトラックバック一覧です: 帝都高速度交通営団(営団地下鉄) 東西線用 5000系をUP:

« 阪急電鉄 京都線 2300系 をUP | トップページ | 帝都高速度交通営団(営団地下鉄) 5000系アルミ試作車をUP »