« JR東日本  901系 をUP | トップページ | JR東日本 209系900番台をUP »

2011年5月19日 (木)

Dr'K 2011年5月の鉄旅 --スーパービュー踊り子--

グランクラスで仙台に到着した私は、
卒業後地元で私と同業に就いている
大学時代の友人M氏と合流した。
M氏は仙台市内の職場で津波の被害に遭って
一命は辛うじて取り留めたものの重傷を負い、
震災以来、先月末まで入院していたのである。

はやて120号( 仙台11:59 ~ 東京14:08 )
こだま663号( 東京14:26 ~ 熱海15:12 )
牛タンを堪能した我々は、M氏とともに「はやて」で移動。
目的地は、温泉地熱海の別荘地にある友人R氏のお宅。
ちなみに、R氏は昨夏の
北陸乗り放題きっぷの旅の道連れT氏の奥様のお兄さんで、
T氏の義弟にあたる人物である。

R氏はM氏の快気祝いに友人を集めて盛り上がろうということで、
T氏夫妻、我々を含め、自宅に招待してくれたのだった。

E2系で指定されたのは6号車だったが、
B席がすべて埋まるところまではいっていない。
例年のGWを考えると、
3割ぐらいは少ないんじゃないだろうか?

東京で手土産を物色し、今度はこだま663号に乗込む。
運用の関係なのだろうが、
名古屋行のこだまに
JR西日本の700系B編成が充当されていて、
不思議な感じがした。
新横浜からA氏、T氏が合流。

小田原で2本抜きされ、熱海には定刻に到着。
T氏夫人の運転するクルマで熱海駅からほど近いR氏宅へ。
R氏宅で温泉に浸かり、
翌日の昼食(バーベキュー)まで味わった。

熱海までR氏に送っていただき、4人で品川に移動。

スーパービュー踊り子8号( 熱海15:29 ~ 品川16:40 )
久し振りのSVO。いろいろと揶揄されている車両であるが、
小生は「すっげ~、ヴォッたくり、オドロキ」
と呼んでいる。
リニューアルされ、デビュー当初のことを考えると
だいぶマシにはなったが、
A料金をしっかりとる列車ということで、
まだまだ割高感は非常に高い。

伊豆エリアは、東京からは手近な観光地ではあるが、
道路事情はよろしくない。
結果として鉄道のほうが便利なので、
一定の利用者があるというだけの話。
まさに殿様商売の地区だからこそ、
昔から粗悪な車両でぼったくり放題。
251系レベルの車両で、A料金!
なんていうぼったくりができるのだろう。

指定されたのは10号車だったが、
元々は近郊車並みのボックスだったところを
リクライニングシートにしたので、
窓と座席が全然あっていない、
M氏は「この柱、邪魔。」と一言…。
悪いけど 全くもってスーパービューじゃない。

まあ、我々は、また車内で呑んでいるので
あまり関係ないと言えば関係ないが…。
階下のこども室のドタバタも、結構気になる。
そういう意味でも10号車となったのは残念だ。

|

« JR東日本  901系 をUP | トップページ | JR東日本 209系900番台をUP »

鉄道旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/39977505

この記事へのトラックバック一覧です: Dr'K 2011年5月の鉄旅 --スーパービュー踊り子--:

« JR東日本  901系 をUP | トップページ | JR東日本 209系900番台をUP »