« 近鉄 北勢線 1977~92年をUP | トップページ | Dr'K 4月の鉄旅 みずほ→指宿のたまて箱→787きりしま »

2011年4月12日 (火)

近畿日本鉄道 北勢線 1977年をUP

北勢線のルーツは、
大正3年に西桑名-楚原間を開業させた「北勢鉄道」です。
762mm軌間のSL鉄道でしたが、
昭和4年に全通したその2年後に電化されています。

その後、「三重交通(1943)」になり
「三重電気鉄道」と名を変えた
北勢線を近畿日本鉄道が合併したのは1965年のことです。

以後、大きな変化が起こったのは1977年でした。
5月には 北大社車庫竣工。 西桑名駅は移転しました。

ここでは、西桑名駅が移転して間もない、
1977年夏の北勢線をご覧いただきます。Knr_hokusei_old_225

私が、北勢線を訪れたのは、この時が、初めてです。
この時は、まだ、
北勢線電化当時に製造されたモニ220形の天下で、
終点の駅では、モニ220形が機関車のように
機回し線を通って最後部のサハ(客車)に連結され、
向きを変えて、3,4両のサハをしたがえ、
もと来た道を帰って行くという、言わば、
「時間が止まったのではないか?」
という光景を眼にすることができたのです。

しかし、10月には
新型車両8両(モ270形271 - 276、ク170形171・172)が
北勢線に配置されることになります。
総括制御が可能なモ270形に加え、
モニ220形も、総括制御が可能なモ220形に改造され
もう、こういう光景を見ることはできなくなりました。

貴重なシーンをご覧ください。

鉄道車両写真集
近畿日本鉄道 北勢線 1977年のトップページへJUMP

なおこの時、
旧型車両11両が内部・八王子線に転属しました。
(モニ220形225 - 227、サ130形133、サ150形151 - 157)

|

« 近鉄 北勢線 1977~92年をUP | トップページ | Dr'K 4月の鉄旅 みずほ→指宿のたまて箱→787きりしま »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/39573604

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿日本鉄道 北勢線 1977年をUP:

« 近鉄 北勢線 1977~92年をUP | トップページ | Dr'K 4月の鉄旅 みずほ→指宿のたまて箱→787きりしま »