« JR九州 キハ45系(キハ45形、キハ53形)をUP | トップページ | 2011年2月 局長、東京へ鉄旅-その1- »

2011年3月 7日 (月)

JR九州 キハ20系(キハ20形 キハ52形) キハ35系(キハ30形)をUP

キハ20系はいわずとしれた国鉄の一般型気動車ですが、
今回UP致しましたキハ20形500番台は室内灯が蛍光灯になり、
暖房装置も温水式となった最終グループです。
台車もDT22C・TR51Bに変更されています。Jrq_dc52_142

キハ52形は勾配区間用となるキハ20形の2エンジン形です。
キハ20形に準じた片開き2ドア、2段窓の車体ですが、
両運転台であることに加えて
エンジン、変速機、ラジエータをそれぞれ2基搭載する必要から、
キハ20形より、全長が1.3m長い21.3mとなっています。

キハ52形100番台は
1962年から1966年にかけて製造された後期形で、
水平シリンダー形エンジン(DMH17H)を搭載しています。

キハ35系は、通勤用に特化した3ドア両開きのロングシート車。
今回UPいたしましたキハ30形は、
トイレなしの両運転台付き車両となります。
1963年 - 1966年に製造されました。
うち0番台は温暖地向けの一般形で100両が製造されました。

JR九州に承継された車番を配置区別に掲載しました。

鉄道車両写真集 
JR九州キハ20系 キハ30系のトップページへJUMP

|

« JR九州 キハ45系(キハ45形、キハ53形)をUP | トップページ | 2011年2月 局長、東京へ鉄旅-その1- »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/39117948

この記事へのトラックバック一覧です: JR九州 キハ20系(キハ20形 キハ52形) キハ35系(キハ30形)をUP:

« JR九州 キハ45系(キハ45形、キハ53形)をUP | トップページ | 2011年2月 局長、東京へ鉄旅-その1- »