« 名古屋鉄道 瀬戸線 4000系をUP | トップページ | Dr'K 京とれいん(阪急6300系 6354F改)乗車記 »

2011年3月23日 (水)

南海電気鉄道 貴志川線 1201形 21201形をUP

たま駅長で有名な和歌山電鐵は、
大正5年に開業した 山東軽便鉄道に端を発する
ローカル鉄道です。
昭和6年、和歌山鉄道となり、昭和18年全線電化。

Nk_kishigawa_1218

南海電気鉄道貴志川線になったのは
昭和36年のことでした。
ここでは、本線昇圧(昭和48年)前に
昭和46年から導入された1200形
(S8~製造、18m級600V車)と

高野線最初の新型車であった
21201形(S32製造,S51導入)をご覧いただきます。

平成7年2270系にバトンタッチするまで
20年あまり活躍しました。

鉄道車両写真集
南海 貴志川線 1201形 21201形のトップページへJUMP

|

« 名古屋鉄道 瀬戸線 4000系をUP | トップページ | Dr'K 京とれいん(阪急6300系 6354F改)乗車記 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/39314113

この記事へのトラックバック一覧です: 南海電気鉄道 貴志川線 1201形 21201形をUP:

« 名古屋鉄道 瀬戸線 4000系をUP | トップページ | Dr'K 京とれいん(阪急6300系 6354F改)乗車記 »