« JR西日本 113系 京都総合車両所 5700番台.7700番台etcをUP | トップページ | 東武鉄道 3050系/3070系をUP »

2011年2月 7日 (月)

帝都高速度交通営団 丸ノ内線 300形_400形_500形_900形

私が子供の頃、乗り物の絵本には必ずと言っていいくらい
営団地下鉄(帝都高速度交通営団)丸ノ内線の
赤い電車が描かれていました。
この赤い車体には、白いラインが描かれているのですが、
そこに記された正弦波曲線がステンレス製であった
と知った時の「驚き」と「ときめき」も懐かしい思い出です。

Eidan_705f_6_588

さてその第一号となるモハ300形は
丸ノ内線開業時(1954年)にあわせて
30両製造されました。

当時はまだ新性能車自体が
まだ珍しい存在であったわけですが
300形の制御装置は応荷重装置付きの多段式で、
WN駆動でもありました。

革新的な名車であったと言っていいでしょう。

モハ300形は、モハ400形同様、
末期は編成の中間に組み込まれました。
一部は運転台も撤去され戸袋窓もなくなるなど
かなり印象が異なります。

モハ500形はモハ400形の片運転台車という位置づけですが、
1957-1964にかけて234両も製造されました。
さて私が初めて、
この赤い電車をカメラに納めたのは、1988年。
先頭車は、この500形に取って代わっており、
その量からしても、丸ノ内線の顔ともいえるグループです。
そんなわけで、私なんかは
丸ノ内線は、勝手に500系と認識していたほどです。

最後のグループは900形、
最初から中間電動車として1965、69年に18両製造されました。

6両編成は1995年に03系に取って代わられ、
一部3両編成となり
方南町支線で1996年まで活躍しましたが、
900形は1994年には引退しており、
短命であったいわざるをえません。

しかし、彼らは400形を除き、
その多くがアルゼンチンのブエノスアイレスで、
今も活躍中と聞きます。
お目にかかりたいものですが、ちょっと無理かな…。

鉄道車両写真集
帝都高速度交通営団丸ノ内線 300形_400形_500形_900形
のトップページへJUMP

|

« JR西日本 113系 京都総合車両所 5700番台.7700番台etcをUP | トップページ | 東武鉄道 3050系/3070系をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/38782431

この記事へのトラックバック一覧です: 帝都高速度交通営団 丸ノ内線 300形_400形_500形_900形:

« JR西日本 113系 京都総合車両所 5700番台.7700番台etcをUP | トップページ | 東武鉄道 3050系/3070系をUP »