« 国鉄DD51形-3 800番台 (重連形、貨物用)をUP | トップページ | 国鉄 DD51形 4-500番台(JR各社に承継されたもののみ)をUP »

2011年1月23日 (日)

国鉄DD51形-2 500番台 (重連形、客貨両用)をUP

国鉄 DD51形ディーゼル機関車は、
1962年から1978年までの16年間に649両が製造されました。
V型12気筒の DML61Z (1,100PS)エンジン
2基を搭載した幹線用ディーゼル機関車です。

当局では、
これを全部同じタイトルで、
片っ端から137枚を一挙に公開しておりました。

さすがにこれは見にくいと思い、
このたび「国鉄形車両コレクション」のシリーズとして
タイトルを分割することにいたしました。

ということで、今回は第2回目。
DD51形500番台(重連形、SG搭載)です。Dd51_574

1968年に暖房用のSGを搭載しない
貨物用の800番台が登場したため、
~799の次は1001~となりました。
500両に迫るボリュームで
DD51形の代表的なグループといえるでしょう。
客車列車の退潮でその数は激減しているとはいえ
撮影したものを数えると、
500番台だけでも、すごい数になるので

2-500番台(国鉄時代に廃車されたもの)
4-500番台(JR各社に承継されたもののみ)
と分割しました。

ということで今回は「2-500番台」となります。
国鉄時代に廃車された車両ばかりですから
もう存在しない貴重なものばかりです。
旧型客車などの先頭に立つ姿は懐かしさを感じさせますね。

今回の目玉は501-592です。

これらは半重連形と呼ばれ、
重連運用時、次位となった場合、
機関車自体のブレーキ(単弁)が制御できないタイプです。

この半重連形は、
JR各社に承継されず国鉄時代に廃車されたもの
なのでここでしかご覧いただけません。

鉄道車両写真集(国鉄形車両コレクション)
DD51形ディーゼル機関車-2 500番台(国鉄時代に廃車)
のトップページへJUMP

|

« 国鉄DD51形-3 800番台 (重連形、貨物用)をUP | トップページ | 国鉄 DD51形 4-500番台(JR各社に承継されたもののみ)をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/38562483

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄DD51形-2 500番台 (重連形、客貨両用)をUP:

« 国鉄DD51形-3 800番台 (重連形、貨物用)をUP | トップページ | 国鉄 DD51形 4-500番台(JR各社に承継されたもののみ)をUP »