« 近畿日本鉄道7000系 7020系「けいはんな線(旧東大阪線)」用をUP | トップページ | 総武中央緩行線用 209系500番台をUP »

2010年12月11日 (土)

JR北海道 711系900番台 試作車をUP

Jrh_711_s901_3_tc711_901t

1968年小樽-滝川間電化の前年に試作されたのが、
クモハ711-クハ711 の900番台です。
制御方式は抵抗制御ではなく、
サイリスタによる連続位相制御。
当時としては画期的なハイテク電車だったのではないでしょうか。

抵抗器がないので、電気ブレーキはありません。
モーターはMT54タイプで150kwに出力をUP。
空転を起こしにくい制御方法をとったことで
1M2Tの構成を可能にしました。

そんなわけで
2連だった試作車もクハを加え3連で使われることになり、
クモハが前面にでることはなくなりました。

試作車は2編成製作されました。
とりわけ901は内地の急行電車のような側窓で、
出入り口も大きく最初は確か折戸だったように思います。
902は量産車に近い外見ですが、
それでもTcのベンチレーターに違いが見られます。

鉄道車両写真集
JR北海道 711系900番台 試作車 のトップページへJUMP

|

« 近畿日本鉄道7000系 7020系「けいはんな線(旧東大阪線)」用をUP | トップページ | 総武中央緩行線用 209系500番台をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/38036870

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道 711系900番台 試作車をUP:

« 近畿日本鉄道7000系 7020系「けいはんな線(旧東大阪線)」用をUP | トップページ | 総武中央緩行線用 209系500番台をUP »