« JR四国 50系客車 DE10形ディーゼル機関車をUP | トップページ | 近畿日本鉄道7000系(けいはんな線)用をUP »

2010年12月22日 (水)

JR東海 311系(大垣電車区) をUP

Jrt_311_g05_0001

311系は東海道本線の新快速用車両として
1989年に登場しました。
1991年までに④×15本の計60両が製造されています。

車体は軽量ステンレスで車
内は転換クロスシートを採用するなど、
グレードの高い仕様です。
なお在来線通勤車両として初めて
最高速度を120km/としたことも特筆すべき点です。
JR西日本の221系と並んで
青春切符の価値を高めた立役者と申せましょう。

ここでUPしたデビュー当時の311系は、
先頭車のクーラーが現在のものと違います。
またH18-20にかけてパンタグラフが
シングルアームに取り替えられています。
これらについては別タイトルで紹介しようと思います。

なお大垣電車区は2001.4に大垣車両区に名称を変更しました。

鉄道車両写真集
JR東海 311系 のトップページへJUMP

|

« JR四国 50系客車 DE10形ディーゼル機関車をUP | トップページ | 近畿日本鉄道7000系(けいはんな線)用をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/38175529

この記事へのトラックバック一覧です: JR東海 311系(大垣電車区) をUP:

« JR四国 50系客車 DE10形ディーゼル機関車をUP | トップページ | 近畿日本鉄道7000系(けいはんな線)用をUP »