« 近畿日本鉄道 生駒鋼索線 東信貴鋼索線 をUP | トップページ | JR西日本 205系(東海道、山陽線用)をUP »

2010年11月23日 (火)

国鉄 /JR北海道 711系 近郊形交流電車をUP

Jrh_711_s106_0001

711系は、国鉄在来線初の交流電車で、
小樽 - 滝川間電化開業にあわせ、
1967年に試作車(900番台②×2=4両)がデビュー、
翌68年には量産車(1次形)が製作されています。
以後、1969年の旭川電化にあわせ2次形(=モハが50番台)が、
1980年の千歳線 - 室蘭本線室蘭電化では
3次形(=モハが100番台)が登場しました。

冬期における制御器のトラブルを回避するため
回路を無接点化した、日本の電車では初めての
サイリスタ位相制御を採用したハイテク車両です。

量産車では、1M2Tを基本とします。
これはサイリスタ位相制御の採用で
高い粘着性能が得られたことと、
高出力モータ-(MT54=150kW)を採用できたためです。

3ドア改造車は、S1編成を1987年に先行改造し、
その後3次車のクハ711形を対象に改造が行われました。
(S106・S111・S115 - 117)
モハ711が2ドアのままなのは、台枠の強度が不十分なためです。

2010年現在、3次形のみが生き残っています。

ここでは量産車1次形、2次形、および冷改以前の3次形をご覧いただきます。

国鉄時代の画像もUPしました。Jnr_711_s111__0001

鉄道車両写真集
JR北海道 711系量産車1次~3次 国鉄時代の711系のトップページへJUMP

|

« 近畿日本鉄道 生駒鋼索線 東信貴鋼索線 をUP | トップページ | JR西日本 205系(東海道、山陽線用)をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/37710118

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄 /JR北海道 711系 近郊形交流電車をUP:

« 近畿日本鉄道 生駒鋼索線 東信貴鋼索線 をUP | トップページ | JR西日本 205系(東海道、山陽線用)をUP »