« 阪神電気鉄道 3000系(3000-3100-3200形)をUP | トップページ | 阪神電気鉄道旧ジェットカー5101形 5201形 5231形 5261形をUP »

2010年11月16日 (火)

阪神電気鉄道 3561形 3301形 3501形 3901形をUP

Hs_3567

3561形は阪神初の高性能車両で、
特急用2扉クロスシート車両として製造(1954年)された3011形を、
その後昇圧(1967年)、ロングシート、3扉化改造したものです(1964年)。
1989年形式消滅。

3501.3301形は優等列車用として製造されたもので(1958-59年)。
両運転台の3301形(4両)と、片運転台の3501形(20両)が在籍しました。
こちらも昇圧改造され、
1973~75年にかけて冷房改造されています。
ちなみに3301形は晩年武庫川線で運用されましたが、
悲しいかな単行では冷房機は作動しませんでした。
3301形は1986年に、3501形も1989年に形式消滅しています。

3801-3901形は西大阪線の難波延伸線用に
④×3本=12両が製造されました。(1974~77年)
その後1986年に6両貫通編成の8701・8801・8901形と
2両編成の7890・7990形電車に改造されています。

鉄道車両写真集
阪神電気鉄道3561形 3301形 3501形 3901形
のトップページへJUMP

|

« 阪神電気鉄道 3000系(3000-3100-3200形)をUP | トップページ | 阪神電気鉄道旧ジェットカー5101形 5201形 5231形 5261形をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/37613557

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神電気鉄道 3561形 3301形 3501形 3901形をUP:

« 阪神電気鉄道 3000系(3000-3100-3200形)をUP | トップページ | 阪神電気鉄道旧ジェットカー5101形 5201形 5231形 5261形をUP »