« JR西日本 105系③ 可部線呉線用(広島運転所所属車)をUP | トップページ | 阪神電鉄 5500系 ジェットカーをUP »

2010年10月13日 (水)

JR西日本 105系② 桜井線、和歌山線用(新和歌山車両センター所属車)をUP

Jrw_105_w09_1

105系は、新規製造車である3ドア車グループと
103系が種車となる改造車4ドア車グループに大別できます。

うち、奈良線・和歌山線の電化開業 (S59年)にあわせて投入されたのは
後者の改造車のグループです。
設備投資が抑制されていた当時の国鉄は、ローカル線区向け車両の新造ができず、
203系の投入で常磐緩行線から捻出された103系1000番台を主に活用し、
同線用に48両を改造。奈良電車区に配置しました。

制御機器は1M方式で新調されていますが、
台車や主電動機などは流用しています。
そのため性能は103系とほぼ同じ。相互の併結・混結も可能です。

新和歌山車両センターは、H9に発足。
桜井線、和歌山線用の105系を運行するとともに、
リニューアル車であるF編成は、
新たに配置された117系とともに、紀勢本線にも足を伸ばします。

桜井線は「万葉まほろば線」と愛称がつけられ、
105系もこれを後押しすべく、ラッピング電車が登場しました。

鉄道車両写真集
JR西日本
105系 桜井線(万葉まほろば線)和歌山線用のトップページへJUMP

|

« JR西日本 105系③ 可部線呉線用(広島運転所所属車)をUP | トップページ | 阪神電鉄 5500系 ジェットカーをUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/37056069

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本 105系② 桜井線、和歌山線用(新和歌山車両センター所属車)をUP:

« JR西日本 105系③ 可部線呉線用(広島運転所所属車)をUP | トップページ | 阪神電鉄 5500系 ジェットカーをUP »