« 南海 高野線 6100系 6300系 をUP | トップページ | 比叡山1Dayチケットを使ってみた。その2 »

2010年7月27日 (火)

比叡山1Dayチケットを使ってみた。その1

関西には、スルッと関西3デイチケットというのがあります。
3日間5000円で関西の主だった私鉄路線を乗り放題!
というお得な切符です。
関東でもぜひ、このような切符を発売して欲しいものです。

さて、関西の私鉄全線走破には欠かせない3Dayチケットなんですが,使えない路線もあります。
その一つが叡山ケーブルです。
滋賀県側から比叡山にアクセスするもう一つのケーブル。
坂本ケーブルすなわち比叡山鉄道は、
スルッと関西3Dayチケットで乗車できるのに
京都府側からアクセスする叡山ケーブルはダメなのです。Hieizan_1day_4

そんな叡山ケーブルを走破するためのとっておきの切符がでました。
それが比叡山1Dayチケットです。
淀屋橋から京阪電気鉄道、叡山電鉄に乗り継ぎ、
叡山ケーブル、叡山ローブウエイで比叡山頂まで往復切符がつき、
そして比叡山頂からの比叡山内シャトルバスは乗り放題です。
あまり鉄チャン向きではないかもしれませんが、
これで2000円は、どう考えても安い!
ちなみに、私は古寺を訪ねて気にいった風景を写真に撮る
といった普通の人の趣味も合わせもっているのです。
前回、坂本ケーブル経由で比叡山を訪ねた時には
東塔、すなわち根本中堂にお参りしました。
この比叡山1デイチケットは、
まだ訪ねていない横川など併せて訪ねるのにはピッタリです。

暑くて暑くてたまらない7月のある日。
避暑を兼ねて比叡山を旅することにしました。

|

« 南海 高野線 6100系 6300系 をUP | トップページ | 比叡山1Dayチケットを使ってみた。その2 »

鉄道旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/35919604

この記事へのトラックバック一覧です: 比叡山1Dayチケットを使ってみた。その1:

« 南海 高野線 6100系 6300系 をUP | トップページ | 比叡山1Dayチケットを使ってみた。その2 »