« JR西日本 キハ120形(ローカル線用気動車)をUP | トップページ | JR貨物 DE10形/DE11形 をUP »

2009年11月 7日 (土)

JR東日本 103系 仙石線色(新/旧)をUP

国鉄時代から、103系は投入されていましたが、

89年以降、在来形の103系置換え用として仙石線に入線した更新車は、新製時からの冷房車など状態の良い若い車両が多数転入してきました。Jre_103_rm138_1_tc103_621

従来のクモハ103を組み込んだ4両編成(R編成)に準じた4両編成(RM編成)に加え、冷房化率100%を早期に達成するため、両端クハ103の編成(RT編成)や、AU712形クーラーの装備車も登場しています。

いずれも通常の更新車と異なり、前面窓を2枚窓化し、側窓も上段下降・下段固定のユニット窓に交換するなど、大きな特徴を持っています。

塗装も、大きく変わりました。Jre_103_rm128_
登場時は、アイボリー・青(太線)・スカイブルーという3色塗装になり、国鉄のイメージを払拭しています。
また、98年より「SENSEKI LINE」のロゴがはいった、白にコバルトブルーを配した新塗装に変更されています。

デジタル補正をかけ過ぎた画像もあり、見苦しいものもありますが、ひととおりのバラエティは、とり揃えたつもりです。じっくりとご覧ください。

JR東日本 103系 仙石線-2 (仙石線色 新/旧)のトップページへJUMP

|

« JR西日本 キハ120形(ローカル線用気動車)をUP | トップページ | JR貨物 DE10形/DE11形 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/32119207

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本 103系 仙石線色(新/旧)をUP:

« JR西日本 キハ120形(ローカル線用気動車)をUP | トップページ | JR貨物 DE10形/DE11形 をUP »