« JR西日本 キハ126系(キハ126,キハ121)一般型気動車をUP | トップページ | JR貨物 EF66形 直流電気機関車の画像をUP »

2009年11月26日 (木)

JR東日本 101系直流通勤形電車(南武線、鶴見線)をUP

S33年。中央線の輸送力増強のため導入された101系電車は、山手線や大阪環状線にも投入され、国鉄通勤形電車の顔ともいうべき存在です。しかし、JRとなった時点では、すでに多くが淘汰されている状態ですっかり影が薄くなってしまいました。それでも、JR東日本に224両が承継され、その大半が中原電車区に集中配置されています。Jre_101_03f_01

南武線では、オール6連で用いられた101系ですが、多くの形式が残されたまま編成が組まれており、また、冷房改造車も含めると、結構バリエーションがあり、見てて楽しいものがあります。

一部、番号が判読できないものもありましたが、編成番号を掲げてくれていましたので、編成表と照合し番号の特定作業を進めることができました。

JR東日本 101系 南武線、鶴見線のトップページへJUMP

|

« JR西日本 キハ126系(キハ126,キハ121)一般型気動車をUP | トップページ | JR貨物 EF66形 直流電気機関車の画像をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
101系電車、JR東日本に200両以上も継承されていたのですね。もっと以前に淘汰されていたのかと思っていましたので、意外でした。
車両はその後も代わりに代わって、この当時には想像もしなかったような車両に置き換わっています。近年、ますます車両の置き換えのサイクルが早くなっているようにも感じます。
できることならば、旧型国電や101系のような国鉄の伝統的な車両の走っていた時代に、自分の目でその風景を見たいと思うところです。
南武線の沿線も、今ほどには宅地になっておらず、長閑であったり、無骨であったり、もっと泥臭い風景が広がっていたのではないかと想像した時に、そのような風景を見たいと切に感じます。
記事、楽しませて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

投稿: 風旅記 | 2016年6月15日 (水) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/32361996

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本 101系直流通勤形電車(南武線、鶴見線)をUP:

« JR西日本 キハ126系(キハ126,キハ121)一般型気動車をUP | トップページ | JR貨物 EF66形 直流電気機関車の画像をUP »