« 国鉄車両-第8弾 直流電気機関車 EF60 EF61 ED60 ED62 etc をUP | トップページ | 国鉄車両-第9弾 事業用電車-1(旧型)をUP »

2009年8月26日 (水)

JR西日本 オハ25 57 「きのくにシーサイド」をUP

トロッコ形車両というものは、無蓋貨車の再生利用という形でスタートしました。Jrw_joyful_pc_kinokuni_seaside_de10

その後、12系客車を改造したり、またエンジン付きの気動車を新造した例もあります。

さて今回ご紹介するJR西日本のオハ25 57ですが、もとはといえば、オハネ25 57…つまり寝台車です。

ブルートレインがオープンタイプのトロッコ形車両に変身したわけです。

「きのくにシーサイド」号の展望車としてデビューしたものですが、8年ほどでその姿を消してしまいました。 きのくにシーサイド号は果たして失敗作だったのか?

私はそうは思いません。 詳しくはこちらを…

珍車ギャラリー JR西日本 オハ25 57 「きのくにシーサイド」へJUMP

|

« 国鉄車両-第8弾 直流電気機関車 EF60 EF61 ED60 ED62 etc をUP | トップページ | 国鉄車両-第9弾 事業用電車-1(旧型)をUP »

珍車ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

きのくにシーサイドの走行区間は、直流電化区間なので、瀬戸内マリンビューにエーデルの展望席をつけた
ような改造を105系か113系に施しておけば、もうちょっと長いこと使えたでしょうし、少ない定期列車を補えて、いまなお白浜以南の南紀の超閑散区間のフラッグシップの1つにできたんじゃないかな。と思います。

投稿: Dr.K | 2009年8月27日 (木) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本 オハ25 57 「きのくにシーサイド」をUP:

« 国鉄車両-第8弾 直流電気機関車 EF60 EF61 ED60 ED62 etc をUP | トップページ | 国鉄車両-第9弾 事業用電車-1(旧型)をUP »